ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Smooth line UIViewは指先で描いたラインをスムーズに描画するイラスト向けiPad用ライブラリ。

Smooth line UIViewはiPad用のフリーウェア(ソースコードは公開されている)。個人的に好きなソフトウェアの一つにSkitchがある。画像やスクリーンショットを読み込んで、その上にイラストを描けるソフトウェアなのだが、線を引いた後に自動的にスムースなラインに変換してくれるのだ。


こんな感じに引いたライン(灰色の部分)

マウスで適当に線を引いたとしてもスムーズにしてくれるので、見栄えがいいイラストになる。SkitchはMac OSX用のソフトウェアだが、同じような機能をiPadで実現させたモックアプリがSmooth line UIViewだ、

Smooth line UIViewもiPad上で適当に引いたラインをスムーズに描画してくれる。最初に引いたラインにはポイントが描かれているが、これをそのまま描画したら直線の寄せ集めになって何とも格好悪い。スムーズに変換されたラインは曲線が多く、見やすくなっている。


うまくつなぎ合わせてスムーズに描画

ポイントを自動的に読み取ってベジュ曲線のようにうまく繋がるようにしてくれているのだろう。あまりライン同士が近いとうまくいかない場合もあるようだ。イラストやドローアプリをはじめ、指先で何らかの線を描かせるようなアプリにぴったりではないだろうか。


MOONGIFTはこう見る

Smooth line UIViewは言わばデフォルメだ。特徴点をつかんで、それをうまくつなぎ合わせることでユーザビリティを高めている。ユーザは何も正確な描画を望んでいる訳ではなく“いい感じに”表示されればそれで良いのだ。そういったケースはとても多い。

コンピュータを使っているためか、プログラマーは正確に描画されることをよしとする傾向がある。だが実際にはよしなに表示されることをユーザは願っているのだ。そのためにはある程度の正確性は欠落しても実際には困らない。ちょっとデータを無視するだけでどこまでユーザが望んだものにできるか、その観点も重要だ。

levinunnink/Smooth-Line-View - GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2