ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Web IME MushroomはAndroidの日本語入力においてSocial IMEやGoogle日本語入力を使って変換を行うAndroidアプリです。

Web IME MushroomはAndroid用のフリーウェア(ソースコードは公開されています)。Androidは文字の入力メソッドが変更できる、それが大きな魅力だと思っています。iPhoneではデフォルトのまま変更できず、しかもこれが高性能とは言いがたい。日本語を入力する上で、このストレスはとても大きいのではないでしょうか。


Shimejiの設定画面

さらに入力メソッドの後、文字変換エンジンですら自由に選べるのもAndroidの魅力になります。Googleが開発しているIMEをはじめ、各種オンライン文字変換エンジンを使うのがWeb IME Mushroomです。

Web IME MushroomはShimejiやATOK for AndroidからSocial IME、Google日本語入力、Google Suggestを利用するソフトウェアです。Shimejiで文字を入力した後、表示されているアイコンをクリックすると外部の変換エンジンに接続したその結果を表示します。


変換例

一般的にオンラインの変換エンジンは最近の単語、アニメや映画、歴史などで扱われる単語にも強いとされています。特に辞書データがオンラインにある以上、日々増えていく単語への対応も問題ありません。普段はShimejiやATOKの辞書を使いつつ、マニアックな単語になった時には外部の辞書を頼るといったような使い方が考えられそうです。


MOONGIFTはこう見る

IMEをサードパーティーアプリに切り替えられるのはもちろん、そのアプリの辞書部分だけをさらに別アプリにできてしまうという、この柔軟さがAndroidならではと言えるでしょう。既に優秀なIMEがある以上、全てを置き換えるのではなく、必要になった時だけ使えるという手軽さが魅力です。

AndroidにはGoogle日本語入力は実装されないと言われています。そう考えると日本語入力アプリはATOKのような大手も含めて、AndroidにおけるIMEの市場はまだまだ未知な状況と言えます。日本語入力を抑えることができれば、Androidアプリの市場において大きな意味を持つことでしょう。

Web IME Mushroom - Android マーケット

ponko2/web-ime-mushroom - GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2