ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

wkpdfはターミナルを使って指定URLをPDFファイル化するソフトウェア。

wkpdfはMac OSX用のオープンソース・ソフトウェア。Webサイトの開発を行う際にはスクリーンショットを撮ったり、印刷したりして人に見せてフィードバックを貰うことが多々ある。そんな時に役立つのがスクリーンショット作成のソフトウェアだ。


生成されたPDF

GUIで操作するものもあるが、対象となるURLが大量にあるならばCUIで一気に実行できるのが便利だ。そこで使ってみたいのがwkpdfだ。

wkpdfはMac OSX専用のソフトウェアで、ターミナルでコマンドを叩いて対象となるURLのPDFを生成する。PDFの向きや用紙の大きさ、スタイルシートの適用についてやUser Scriptの実行など様々な条件が設定できる。背景画像の利用についても設定可能だ。


コマンドオプション

ユーザ名、パスワードを設定してBasic認証を行うこともできる。MacRubyを使っているのでコードを調べれば自分のシステムに組み込むこともできるだろう。なおSafari(WebKit)を使っているので、特殊なプラグイン(ActiveXなど)は動作しないと思われるので注意してほしい。


MOONGIFTはこう見る

URLをPDFに変換するだけなのだがwkpdfには色々な使い道が考えられそうだ。例えば定期的に実行して保存しておくことでWebサイトのアーカイブにしたり、請求書などをHTMLベースで作成してそれをPDF化することで帳票として利用することも考えられるのではないだろうか。

WebKitがレンダリングエンジンなので、HTML5やCSS3のサポート率も高く、より標準に近いレンダリング結果が得られるだろう。Webサイトから別フォーマットで出力するのはライブラリを使ったりと面倒ではあるが、HTMLをPDF化するのは外部ライブラリを使えばさほど難しくなさそうだ。

wkpdf — a command line HTML to PDF converter for Mac OS X

plessl/wkpdf - GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2