ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

WaxはiOSのネイティブアプリをスクリプト言語のLuaを使って開発するフレームワーク。

WaxはiOS用のオープンソース・ソフトウェア。iOSの開発ではObjective-Cを使うのが基本になっている。だが習得するのを嫌がり手を出さない人たちがいる。そうした人たちはTitaniumに代表されるJavaScriptベースのフレームワークを利用したりする。


デモアプリ

そう、何もObjective-Cを必修という訳ではないのだ。JavaScriptだって動作する。そしてLuaを使ってネイティブアプリを作ってしまうのがWaxだ。

Waxはフレームワークであり、Luaを使ってiOSアプリを作ることができる。GCは自動的に行われるので、面倒な所を考えずにスクリプト言語としてさくさく書けるはずだ。コード量もObjective-Cで書くのに比べて大幅に少なくて済む。


コード

RESTfulに対応し、外部サービスとの連携も想定されている。また既存のフレームワークとも組み合わせて使えるようだ。様々なデモアプリが登録されているので試してみるといいだろう。Objective-Cを使わないiOSアプリ開発、Lua好きならぜひ触ってみよう。


MOONGIFTはこう見る

Objective-C以外の選択肢としてはAppleが公式に認めているのはJavaScriptくらいだろうか。ただし以前は閉め出されたFlashについても規約が変更されて使えるようになっている。他のプログラミング言語についても使えるようになる可能性はあるだろう。

特定の言語でしか動かないというのはとても自由度が低い。使い慣れた言語が広範囲に使えるのはとても便利だ。それはWebブラウザについても言える。バインディングするプロジェクトに人気が集まるのは当然と言えるだろう。

probablycorey/wax - GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2