ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Google IME SKK サーバーはGoogle日本語入力APIをSKKサーバとして利用するソフトウェア。

Google IME SKK サーバーはRuby製のオープンソース・ソフトウェア。今時のIMEは入力された文章に対して、どこで単語を分けるのか、どういった流れの文章かといった情報を自動的に読み取るようにできている。これがうまくいっている場合は良いが、うまくいかない(つまり下手な変換)をされるとストレスを感じる。


マニアックな単語に強い

特に新しい単語に対してIMEはとても弱い。その点Googleが提供しているGoogle日本語入力は新しい単語に対して強いが、時々不明な変換をすることもある。その双方をうまく組み合わせられるかも知れないのがGoogle IME SKK サーバーだ。

Google IME SKK サーバーはその名の通り、Google IMEの情報をSKKサーバ化したものだ。SKKというのはEmacsで有名なIMEだ。特に文章の自動解釈はせず、打ち手がどこから変換をすべきかを指定する所に特徴がある。これに慣れると手放せないという人も多いだろう。


サーバ起動中

だがSKKの辞書では物足りないと感じている人も少なくない。そこでGoogle IMEのデータを利用するのだ。これによって最新の単語に強いSKKが出来上がる。Google IME SKK サーバーはEmacsだけでなくAquaSKKなどを使えば通常のOSでも利用できる。非常に面白い試みだ。


MOONGIFTはこう見る

IMEの優秀さを決定するのは、変換効率の高さに尽きると思われる。SKKは文章の解析をしない分とてもシンプルだ。通常のIMEとはそこが大きく異なるので慣れるまでは大変かもしれないが。そしてSKKが手放せないという人にとっては、Google IME SKK サーバーによる恩恵はとても大きいと思われる。

Webサーバにアクセスするので若干のタイムラグはあるが、キャッシュもあるので気になるほどではない。難点としてはネットワークがないと使えない点になるだろう。デフォルトのIMEに辟易している方はこの機会にSKKに触れてみてはいかがだろう。

Google IME SKK サーバー 作った - hitode909のダイアリー

hitode909/google-ime-skk - GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2