ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

MWFeedParserはフィードを表示するiOS用のモックアプリ。

MWFeedParserはiOS用のオープンソース・ソフトウェア。Webサービスを作る際などにおいて、最も手軽な方法は既に公開されているコンテンツを利用することだ。一からコンテンツを作るのは大変だが、既にあるコンテンツを変換して表示するのは容易だ。

その最たるものとして知られるのがフィードだろう。フィードを公開しているサイトの情報を読み取って、それを変換して表示するだけでもユーザビリティが高くなる。自分のブログやWebサイト用のiOSアプリを提供したりならばMWFeedParserをベースにするといいだろう。

MWFeedParserはとてもシンプルなモックアップアプリで、予め指定したフィードを読み込み、リストにして表示する。リストをタップすると本文や投稿日時を表示する。さらにURLをクリックするとMobile Safariを開く仕組みだ。

固定のフィードだけを表示するので、フィードリーダーという位置づけではないだろう。フィードを解析して別な表示に展開する、自サイト専用のリーダーを提供すると言った用途に使えるだろう。フィードは広く一般的に配布されるようになったので、組み合わせ次第で色々な使い道が考えられるだろう。


MOONGIFTはこう見る

フィードは特別なものではなくなっている。今やブログやWebサイトにおいてフィードを配信していないサイトを探す方が難しいかもしれない。だが実際の利用についてGoogleリーダーをはじめとするフィードリーダーを使っている人は多くないのが実情だ。

仕組みが一般ユーザには分かりづらく、さらにそこまで情報ジャンキーではないということだろう。であれば開発者がフィードを使い、新しい価値の提供方法を考えなければならない。コンテンツを素早く手に入れられるだけに、リアルタイムを重視する昨今の流れともマッチするものができるはずだ。

mwaterfall/MWFeedParser - GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2