ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

TabCloudは複数のURLをまとめて管理、共有できるソフトウェア。ブラウザのアドオンとして動作する。

TabCloudはGoogle Chrome/Firefox/Android用のフリーウェア。最近のWebブラウザではタブ機能がデフォルトになっている。そして数多くのタブを開いて作業していると欲しくなるのが起動時のタブ復旧機能だ。これがないと万が一閉じた時のショックは計り知れない。


現在のウィンドウの状況が表示される

それが進むと次に欲しくなるのが仮想デスクトップ的機能だ。つまり幾つかのタブを開いた状態を記録しておき、後で一気に開けるようにするのだ。開発用、ブログ情報収集用、調査用などWebサイトの組み合わせは色々だ。そして複数の環境でタブの状態を共有できるのがTabCloudだ。

TabCloudはGoogle Chrome/Firefoxの機能拡張(アドオン)を提供している。これをインストールした状態でTabCloudにて認証(Googleアカウント)を行うと現在開いているタブを一組にして保存できるようになる。別なブラウザでも同じように機能拡張を入れて認証すればタブの状態を共有できる。組み合わせは複数保存できる。


クリックすれば復元

さらにAndroidアプリもあるので同じようにタブの組み合わせを共有できる。複数サイトを一つのブックマークにしたような形だ。入力が面倒なAndroidでは特に嬉しい機能だ。チェックしたいサイトをまとめて開いて保存し、外出先でチェックするなんて使い方も考えられそうだ。


MOONGIFTはこう見る

URLをAndroidに飛ばすソフトウェアはあったが、これはさらに一歩先行くイメージだ。複数ブラウザ、複数PC間でのURL共有はもちろん、スマートフォントも共有できる。個々のURLではオンラインのブックマークでも良いが、複数をまとめて開く時にはTabCloudが便利だ。

favoiconをドラッグすればウィンドウの設定は簡単に変更できる。Webアプリケーションを活用する人や、複数のパソコンで情報を共有したい人にとっても便利なはずだ。出かける前にタブの状態を保存しておけば、外出先での同じ環境を即座に再現できるのだ。

TabCloud

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2