ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

PDF to KeynoteはPDFファイルをKeynoteやOmuniGraffleへ変換するソフトウェア。

PDF to KeynoteはMac OSX用のフリーウェア。PDFは汎用的なフォーマットだ。OSやデバイスの違いを越えて動作し、同じ表示を実現している。ビジネスにおいてはなくてはならない存在だろう。欠点としては編集がしづらいことだろうか。


メイン画面

文字を書き換えたいという訳ではないが、注釈を入れたり情報を書き加えたいと考えたことはないだろうか。特別なソフトウェアを使えばできないことはないが、そのために用意するのは面倒くさい。そこでMac OSXユーザにお勧めなのがKeynoteに変換してしまうPDF to Keynoteだ。

PDF to KeynoteはPDFファイルを開いて、その内容をKeynoteフォーマット(各種バージョンが指定可能)に変換できるソフトウェアだ。また、OmniGraffleへの変換もできる。注意点としては文字やオブジェクトは関係なく、全て画像として適用されるということだ。


設定画面

つまり文字の編集はできない。だがKeynoteであればドローソフトウェアのように情報を追加したり、書き加えることができる。さらにプレゼンテーションに用いられるのもメリットだ。また、そこからさらに別なフォーマットへ変換しても良いだろう。PDF to KeynoteはPDFをより使いやすくしてくれるソフトウェアだ。


MOONGIFTはこう見る

PDFは編集しづらいのがメリットなのだが、できないのは困り者だ。とは言え、そのためにAdobe Acrobatなどの特別なソフトウェアを購入する気にはならないだろう。Mac OSXであれば標準でPDFに注釈を入れたりする機能があるが、細かな編集はしづらかった。

ビジネスドキュメントのデファクトになっている以上、もっと使いやすい形にする方法があっても良い。PDFtoHTMLのようなコマンドで変換するのも良いが、一般ユーザ向けにはGUIだろう。PDFを最終的なアウトプットとしてでなく、インプットとしてみると面白い使い方ができそうだ。

Melissa O'Neill: PDF to Keynote

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2