ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

GMapWidgetはGPSのログファイルや位置情報付きの写真を読み込んで地図上に表示するソフトウェア。

GMapWidgetはHTML/JavaScript製のオープンソース・ソフトウェア。コンピュータと位置情報は相性がいい。スマートフォンやガラケーにはGPSが備え付けられているのが当たり前になっている。特にスマートフォンでは位置情報を扱うアプリの人気が高い。


マーカー

記録したデータは内部に蓄積されるが、それだけでは勿体ない。やはり外部や他のデータと組み合わせてはじめて意味をもってくる。GPSのログデータ、GPXファイルを使って地図上にマッピングしてみたいと思ったらGMapWidgetを使ってみよう。

GMapWidgetはWebベースのGPSエディタ/ビューワーで、GPXファイルを読み込んでGoogleマップ上にマッピングする。さらに写真のEXIF情報から位置情報を読み込んで地図上にマーカーを付けることもできる。結果を同様にGPXとして出力する機能もある。


ルート検索

エディタでは自分で地図にマーカーやラインを引く機能がある。複数のマーカーを立てて、道順を探索する機能もあってとても便利だ。特別なソフトウェアを用意せず、Webサーバも使わずに動作させられる。手元のGPSデータをアップロードして楽しんでみてほしい。


MOONGIFTはこう見る

位置情報データは見た目のインパクトが大きい。地図自体が人気の高いコンテンツであるし、その上に自分の馴染みのある情報がマッピングされるからだ。運動記録や旅行の動向等、思い出がそこには詰まっている。こうした良い記憶に触れるサービスは喜ばれる。

位置情報を扱うiOSアプリの人気が高いのもそうした理由からだろう。既に位置情報を含んだコンテンツは十分に存在する。次はそのデータの見せ方だ。GMapWidgetのようにエディタまでかねても良いだろうし、閲覧系でも良いだろう。いかに楽しく見せられるかが肝になるはずだ。

はじめに - GMapWidget

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2