ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Gcal2ExcelはGoogleカレンダーのデータをExcelファイルとして出力するソフトウェア。

Gcal2ExcelはJava製のオープンソース・ソフトウェア。ビジネスではGoogle Apps、プライベートでもGoogleカレンダーでスケジュールを管理されている方も多いのではないだろうか。スマートフォントも連携ができ、データの再利用性にもとても優れている。


メイン画面

Webブラウザから見ても十分便利なGoogleカレンダーではあるが、データを書き出して別なデータと組み合わせたり見栄えを変更したいと思う事があるかも知れない。そんな時にはiCalを経由するよりもGcal2Excel野方が便利そうだ。

Gcal2ExcelはGoogleカレンダーに接続して、データをExcelフォーマットで出力するソフトウェアだ。起動するとログインユーザ、パスワードを入力し、さらに取り込むカレンダーの名称や日付の範囲を決定する。後はCreateボタンを押せばExcelファイルが生成される。Google Appsにも対応している。


出力結果

ファイルは予定の題名、時間、開始日時と終了日時、メモ、場所となっている。トータルの時間も出力される。例えばクライアントごとや作業ごとにカレンダーを分けて出力すれば作業工数がエクセルに出力されるといった仕組みも可能だ。Googleカレンダーをより手近にしてくれるソフトウェアだ。


MOONGIFTはこう見る

スケジュールは未来の予定を登録し、その確認をするという利用が一般的だ。だが、そこに蓄積された予定というのはその人の履歴がそのまま反映されている。これを使えば面白いことができそうではないだろうか。その可能性を感じさせてくれるソフトウェアでもある。

作業時間数に応じた工数管理を行ったり、請求書を作成する、作業項目ごとに時間の使い方を考える等といったこともできるだろう。Googleカレンダーのデータをより活用するためにも利用してみたいソフトウェアだ。

Gcal2Excel - google calendar to excel exporter/converter

gcal2excel - Project Hosting on Google Code

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2