ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

BrissはGUIを使ってPDFの一部切り出しを行うソフトウェア。

BrissはJava製、Windows/Mac OSX/Linux用のオープンソース・ソフトウェア。PDFファイルは大抵のプラットフォームで閲覧でき、さらにデザインの崩れもない便利なファイルフォーマットだ。だが加工しづらいのが欠点だ。


切り出し部分を指定している所

ソフトウェアによっては注釈を入れたりメモをつける、ハイライトを行うと言った修正はできる。またページ単位での削除も可能だ。しかしBrissはそれらとは異なる加工が出来る。PDFファイルの特定部分を切り出して新しいPDFを作成するのだ。

Brissを立ち上げた後、PDFファイルを開く。開く際にはページ数を指定することが可能だ。特定のページだけを開けば、それだけ作業がしやすくなる。そして開いたら書き出したい箇所をマウスでドラッグして囲んでいく。一つのページから複数箇所を切り抜くことができる。


切り出されたPDF

Crop PDFを選ぶと新しいPDFファイルの保存場所を聞かれるので保存する。そうすると指定した場所だけを切り出したPDFが出来上がるという仕組みだ。日本語も問題なく利用でき、さらに透明テキストもそのままなので文字列を選択してコピーすることもできる。これはなかなか便利なソフトウェアだ。


MOONGIFTはこう見る

PDFを加工するソフトウェアは幾つかあったが、切り抜いて保存するというのはBrissがはじめてのように思う。長文の中から一部を切り出したり、写真だけをピックアップすると言った時に使えるのではないだろうか。ビジュアル的に操作できるのが何よりも良い。

PDFはビジネスの場においてとても多く利用されている。それだけにPDFを再利用したり、加工できるソフトウェアは重宝する。この手のソフトウェアを覚えておくと、色々な場面で活用できるはずだ。

via Briss: crop your PDF documents using a visual interface | freewaregenius.com

briss | Download briss software for free at SourceForge.net

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2