ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

faviconize-google.user.jsはGoogleウェブ検索の結果にFaviconを表示するUser Script。

[/s2If]

faviconize-google.user.jsはGoogle Chrome、Firefox、Opera、Safari用のオープンソース・ソフトウェア。インターネットを使っていて、Googleに触らない日はないと言えるほど利用している。検索を開始してから情報にたどり着くまでのスピードが速いのが良い。


ScreenShot(2010-12-22 11.08.35).png

こうなる

とは言っても常に一番上をクリックすれば良いという訳ではない。検索結果を眺めつつ、一番信頼性の高そうなサイトを選ぶこともある。最近では特にコンテンツをそのままコピーしたようなサイトも多いので判別が必要だ。その役に立ちそうなのがfaviconize-google.user.jsだ。

faviconize-google.user.jsは各種ブラウザのGreasemonkey(またはその類似機能)で利用できるJavaScriptファイルで、Googleの検索結果の横にFavicon(お気に入りアイコン)を表示してくれるようになる。小さなアイコンだが、これだけでも十分な情報だ。

大抵のWebサイトではFaviconを付けているので、目印として使うと便利だ。Googleの検索結果はその殆どがテキスト情報なので、画像があると非常に目立ち、認識に役立ってくれる。ちょっとした工夫だが、それによって大きくブラウジングの快適さが変わってくるはずだ。


MOONGIFTはこう見る

一日にWeb検索する回数はどれくらいだろうか。仕事でGoogleを使っている人であれば、1回/日ということはないだろう。10回、多ければ100回くらい検索しているかも知れない。そう考えると検索効率を向上させるのは作業全体の効率化に貢献するはずだ。

UIを大きく変える行為はスイッチングコストが大きくなり、戸惑いも生みやすい。Faviconを表示するくらいの小さな変化であれば十分許容できる。実際入れてみると分かるが、意外とFavicon表示による認識率向上が分かるはずだ。

Faviconize Google (nested icons) for Greasemonkey

Faviconize Google - Google Chrome extension gallery

faviconize-google.user.js(Safari用)

[/s2If]

NV/faviconize-google.js - GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2