ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Maps on a StickはWebブラウザ上で地図データの表示、外部データの描画を行うソフトウェア。

[/s2If]

Maps on a StickはWindows/Mac OSX用のオープンソース・ソフトウェア。地図というのは非常に魅力的なコンテンツだ。旅行やイベント情報、出張、引っ越しなど様々な場面で地図データが使われる。リアルに密着したデータだからこそ利用価値が大きいのだ。


Screen-shot 468.png

そんな地図データに対して外部のデータをマッピングする際によく使われるのがGoogle Earthだろう。だがグラフィックス機能を充実させたためにかなり動作が重たい。そこで使ってみたいのがブラウザベースで使えるMaps on a Stickだ。

Maps on a Stickは名前の通り、解凍するだけですぐに使えるソフトウェアだ。実行するとWebサーバが立ち上がるので、Webブラウザからアクセスすれば良い。外部のKMLファイルなどを読み込んで地図上にマッピングすることができる。


Screen-shot 463.png

このようなレイヤーを重ねる

 

地図データについてもWorld LightやWorld Glassなど複数のリソースが用意されている。登録したデータはチェック一つで表示/非表示を切り替えられる。GPSロガーなどで記録したコンテンツを表示するのに便利ではないだろうか。

 



Screen-shot 465.png

外部のKMLも表示可能

 

MOONGIFTはこう見る

Googleマップの利用規約は緩いが、それでもオフラインで使ったりするのは叶わない。オープンで、自由に使える地図データの存在は急務だろう。OpenStreetMapプロジェクトも推進されているが、まだまだ使えるレベルまでは遠いのが実情だ。

Maps on a StickではGoogleマップ以外の地図データを使っている。そのため名称や道路などがきちんと表示される訳ではない。そこを割り切ってMaps on a Stickに向いたデータの描画に利用するべきだろう。

 

[/s2If]

MapBox | creating custom maps in the cloud

 http://mapbox.com/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2