ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

openid-realselectorはjQuery/JavaScript製のオープンソース・ソフトウェア。最近ではWebサイトの認証にOpenIDを利用するケースも増えている。かつGoogleやYahoo!など大手のWebサービスでもOpenIDプロバイダーとして使えるようになっている。


Screen-shot 304.png

選択すれば良いだけ

 

GoogleやmixiといったOpenID 2.0に対応したサービスではURLが共通化されたために入力する手間も省けるようになっている。そうした対応サービスを個々に並べるのが面倒という人はopenid-realselectorを使ってみよう。

openid-realselectorはGoogleやYahoo!、AOLなど主立ったWebサービスをアイコンで並べてOpenID認証をしやすくするライブラリだ。さらにユーザ名を入れる必要がある場合も、FlickrやWordPress、Bloggerなどの大きなサービスであればアイコンをクリックしてユーザ名を入れるだけで良い。


Screen-shot 305.png

入力を伴う場合

 

任意のOpenIDプロバイダのURLを入力することもできる。JavaScriptで作られているのでスムーズな操作性でユーザビリティも高い。サーバサイドの実装は個別に必要だが、UIとして用いると使い勝手が向上するだろう。

 

openid-realselector - Project Hosting on Google Code

 http://code.google.com/p/openid-realselector/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2