ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

GityはMac OSX用のオープンソース・ソフトウェア。分散化バージョン管理システムであるGitの人気は高い。サーバ集中型の場合、個々人が自由にリポジトリを操作するのは難しいが、Gitの場合はフォークしてしまえば自由にコミットできるのが魅力だ。


スクリーンショット(2010-05-17 11.34.07).png

Mac OSX(10.6以降)用のGitクライアント

 

だが現状、必須と呼べるレベルのクライアントソフトウェアが存在しない。Subversionがあれだけ受け入れられたのはTortoiseSVNによるところが大きい。Finder連携型ではないけれども使い勝手の良いGitクライアントとしてGityを紹介しよう。

GityはGit操作に関して一通りの作業ができるクライアントソフトウェアだ。リポジトリの閲覧に加えてブランチを一覧したり、追加することもできる。タグやサブモジュールの追加も可能だ。差分の閲覧やコミット、Push、Pullなどの操作もできるので、ターミナルでの作業に不慣れな方でも使いこなせるようになるはずだ。


スクリーンショット(2010-05-17 11.34.17).png

差分

 

Git Configの修正機能があり、これを使えば見やすくGitの設定が編集できるようになる。Git自体オプションが多く、機能全体の把握が難しいがGityを使えば可能な操作が分かるようになるはずだ。そうした学習もかねて使ってみるのも良さそうだ。

 

Gity - The Git Application For Mac

 http://macendeavor.com/gity/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2