ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

ChromeCutsはGoogle Chrome用のフリーウェア。Webをブラウジングしていて同じような入力を繰り返すことは多々ある。住所の入力やメールアドレス、クレジットカード番号などなど。頻繁に繰り返す入力は、スニペットに登録しておくとキーボードを叩かないで済むので便利だ。


100517-0002.png

Google Chromeでスニペット

 

そんなスニペットを管理するローカルアプリケーションは幾つかあるが、Webブラウジング中であればブラウザ上でできるのが便利だ。Google Chromeをお使いの方はChromeCutsを試してみよう。

ChromeCutsはGoogle Chrome用の機能拡張で、アドレスバー横のアイコンを使ってスニペットを管理する。何かタイトルを付けて、その下にコンテンツを記述する。リストの中からクリックするだけでクリップボードにコピーされるので手軽だ。


ピクチャ 1.png

設定画面

 

コンテンツはHTML5を使ったローカルストレージに保存される。さらにβではあるが、Chrome同士の同期オプションもある。ちょっとしたメモを残しておいたり、JavaScriptコードを残しておくといった時にも使えそうだ。

 

Chrome Shark

 http://www.chromeshark.com/chromecuts.php

ChromeCuts - Google Chrome 拡張機能ギャラリー

 https://chrome.google.com/extensions/detail/dbmjcgdojellndlapjioamcfanojnfom

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2