ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

GMGeocoderはiPhone向けのオープンソース・ソフトウェア。iPhoneは携帯電話なので外で使うケースが多く、そのために地図や場所を基点とした情報と相性がいい。さらにGPSも入っているので位置情報に関してはばっちりだ。だが住所から位置情報に変換するジオコーディングが弱いようだ。


スクリーンショット(2010-01-06 12.20.48).png

日本語も使える

 

そこで作られたライブラリがGMGeocoderだ。適当な住所の文字列を位置情報変換して変換できるサービスであるTiny Geocoderを使い、iPhoneで任意の文字列から住所情報を取得して返すことができるライブラリになっている。

英語はもちろん、日本語を使うこともできる。デモアプリではテキストボックスに任意の住所を入力すれば、Googleマップ上にピンを立ててくれる。その時には緯度経度に関する情報も表示してくれる。これは地図にそのまま投影しているが、もっと色々な使い方が考えられるだろう。


スクリーンショット(2010-01-06 12.21.37).png

ピンをクリックすれば説明が

 

テキストから住所情報が引き出せれば、iPhoneアプリがもっと面白くなりそうだ。GMGeocoderを使えばそんな仕組みが簡単に使えるようになる。

執筆時のバージョン

 リビジョン2

 

gmgeocoder - Project Hosting on Google Code

 http://code.google.com/p/gmgeocoder/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2