ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

NocsはWindows向けのオープンソース・ソフトウェア。Dropboxのような仕組みに慣れると、ローカルにデータを置いておく意味がなくなってくる。オンラインに置いておけば、ネットワークさえあればどこからでも参照できるので便利だ。GoogleドキュメントはオフィスファイルやPDFの閲覧、編集ができるのでドキュメントホルダーとして使える。


3dsearch18.png

ネットワークに繋がっているのなら、そもそもデータをローカルに置く必要はない。保存先をそのままGoogleドキュメントにしてしまえば良い。そう考えたのがNocsだ。NocsはGoogleドキュメントを保存場所として利用するメモ帳ライクなソフトウェアだ。


Nocsは機能は決して多くない。メモ帳レベルだ。特徴はなんと言っても文章の保存先がGoogleドキュメントになることだ。データは暗号化して保存することもできる。保存を行うと自動的に同期処理が行われる。逆に保存してあるドキュメント一覧から選択してファイルを開くことも可能だ。


3dsearch20.png

なぜか保存先はスプレッドシートだ…

 

変わっているのは保存先として文書ではなく、スプレッドシートを選んでいることだろう。そのため、ドキュメントは1つのセルの中に収まった形になって保存されている。日本語の場合、読めない文字になってしまっている。これだとNocs同士では良いが、Webブラウザから編集するという操作が難しいのが難点だ。

とは言え目の付けどころは面白い。Webブラウザからの操作ではちょっと面倒だと思うようなこともNocsからであればすぐにメモができて便利だ。文字化けは起きるが、どこからでも参照できるメモとしてユニークなソフトウェアだ。

 

nocs - Project Hosting on Google Code

 http://code.google.com/p/nocs/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2