ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

iPhoneにはGPS機能とカメラ機能が備わっている。この二つを組み合わせれば、撮った写真に位置情報を埋め込むなど簡単にできると予想される。だがGPSは初回の位置測定に時間がかかるので、好きな時に撮った写真にいきなり位置情報を埋め込むのは意外と時間がかかってしまう。


IMG_0007.PNG

GPSトラッキング +写真というアプリケーション

 

そこで使ってみたいのはEverytrailだ。iTunes Storeで公開されているフリーウェアで、同名Webサービスと連携して利用することができる。

Everytrailを起動すると、GPSトラッキング機能が開始される。位置情報に加えて歩いた距離なども測定されるので、ランニングやウォーキングのお供に向いている。そしてPhotoボタンを押すと好きなタイミングでカメラが起動する。


Picture 98.png

ログは写真とともに地図で楽しめる

 

GPSトラッキング中であれば、撮った写真に即座に位置情報が埋め込める。そしてトラッキングを停止するとログデータに名前をつけたりタグを付けたりして保存できる。データはEverytrailのWebサービスにアップロードされ、写真とともに地図上でデータを楽しめる。

うまいな、と思ったのは写真を撮ってから位置情報を取得するのではなく、予めトラッキングをしながら写真を撮るという逆転の発想だ。秋の行楽シーズンではさまざまな写真が撮れると思うので、ぜひ地図と一緒に楽しんでみて欲しい。

 

EveryTrail - GPS Travel Community, Share your GPS Tracks, Geotag your photos

 http://www.everytrail.com/

EveryTrail - iPhone Application

 http://www.everytrail.com/iphone.php

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2