ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

iPhone/iPod Touch向けのソフトウェアを作り、そのデモムービーを作成しようと思ったらどうやってやるのが良いだろうか。通常、操作している様子を別なカメラで撮影して動画にする。だがこれでは画面が鮮明でないし、インパクトを与えるのが難しいかも知れない。


Picture 368.png

iPhone/iPod TouchがVNCサーバに!

 

折角、コンピュータがあるのだからiPhone/iPod Touchの画面をコンピュータ上に出せないものかと思っていた。そしてそれを実現させたのがこれだ。

今回紹介するフリーウェアはVeency、iPhone/iPod TouchをVNCサーバにするソフトウェアだ。

Veencyは、毎度おなじみのJailBreakが必須のソフトウェアだ。くれぐれも自己責任の上で利用して欲しい。インストールはCydiaから行う。面白いことに、Veencyはインストールしてもアイコンが表示されない。


Picture 370.png

ブラウザも見られる

 

だがVNCサーバは立ち上がっているので、WindowsやMac OSX、LinuxなどからVNCクライアントを使って接続してみよう。するとリモート接続を許可するか否かの確認がiPhone/iPod Touch上に表示される。許可すればVNCサーバのマークが表示される。

クリックやスライド、ホームボタンやロックボタンが利用できる。ピンチは使えないので、拡大表示などはできない。便利なのは、キーボードを使って文字が入力できる点だ。これを使えばプレゼンでiPhoneアプリケーションを紹介しつつ、手早く入力ができる。

VNCを撮影する手段はいくらでもあるだろう。Veencyを使えばiPhoneアプリケーションがもっとダイナミックに、もっとクールに紹介できるようになるはずだ。


IMG_0001.PNG

接続の確認ウィンドウ

 

via Veency: VNC Server for iPhone [ The Unofficial Apple Weblog (TUAW) ]

(インストールはCydiaから行ってください)

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2