ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Google Chromeがリリースされて数週間が経過した。使い勝手が良い、JavaScriptの実行速度が速いなど様々な意見が聞こえてくる中、Mac OSXユーザは歯がゆい思いで登場を待ち望んでいることだろう。


Picture 352.png

Mac OSX上で動作するChromium

 

Safariと同じWebKitをレンダリングエンジンに採用していながら、未だにMac OSX版は開発中だ。はやく、はやくと思っている方はこちらを使ってみるのはどうだろう。

今回紹介するフリーウェアはCrossOver Chromium、CrossOverの技術を使ったChromiumだ。

CrossOverはWineの技術を使ってMac OSXやLinux上でWindowsアプリケーションを動作させるソフトウェアだ。そしてChromiumはGoogle Chromeの元になるオープンソース・ソフトウェアだ。この二つが出会うことで、Mac OSXやLinux上でもGoogle Chrome風ブラウジングを楽しめるようになる。


Picture 354.png

レンダリング結果は上のようになる

 

Mac OSXで試してみた所、レンダリングエンジンはSafariのものを利用するという訳ではなく、元々のエンジンを利用しているようだ。そのため、Safariに比べると幾分汚い結果になっている(日本語のフォントがオープンソースの梅Font固定になっているからかも知れないが)。また、時々レスポンスが返ってこない場合もある。

幾つかの問題はあるものの、Google Chromeがなんであるか(実際はChromiumだが)を知るのにはちょうど良いかも知れない。また、Mac OSXネイティブ版の登場が待てない方も、CrossOver Chromiumで溜飲を下げておこう。

 

via Featured Download: CrossOver Chromium Ports Chrome to Mac and Linux [ lifehacker.com ]

CrossOver Chromium

 http://www.codeweavers.com/services/ports/chromium/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2