ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

フレームワークの良いところは、全体像を把握していなかったとしてもアプリケーションが分かりやすく組める点にある。最近ではURLからコントローラやアクションが指定され、その中のメソッドだけ集中すればできあがってしまう。


ピクチャ 255.png

新しいプロジェクトを作成した際のファイル構成

Google App EngineはDjangoをフレームワークとして利用できるが、その利用法などについてはあまり明確でない気がしていた(Python素人目には)。だが、それを強力に補助してくれるフレームワークが登場した。

今回紹介するオープンソース・ソフトウェアはGoogle App Engine Oil、Google App Engine向けのフレームワークだ。

Google App Engine Oilは主に3つの機能から構成される。一つはURLルーティング。コントローラーやアクションなどを指定して、URLから指定したメソッドを呼び出せるようになる。もう一つはコントローラへの機能追加で、各種フォーマットに対応したレンダリング、パラメータやセッション情報の取得ができるようになっている。


ピクチャ 254.png

実行中

 

もう一つはO/Rマッピングだ。Google App Engineの場合、GQLと呼ばれる専用の問い合せ言語を使ってデータを保存、取り出すのだが、このO/Rマッピング機能が実現すれば、データ(モデル)の操作が容易になりそうだ。

機能が充実してくれば、Rails並みに使えるものになってくるかも知れない。そうなれば開発からデプロイまでが容易なGoogle App Engineの魅力が非常に増すのは間違いない。開発に期待がかかるフレームワークだ。

 

via Google App Engine Oilが素晴らしい [ Big Sky ]

google-app-engine-oil - Google Code

 http://code.google.com/p/google-app-engine-oil/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2