ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Appleの製品、ソフトウェアではネットワーク接続にBonjourというプロトコルが使われている。個人的な感覚では、他の方式に比べると認識が素早いように感じている。かつてのAppleTalkに比べるとネットワークの負荷が小さく、それでいて自動的な割当ができて手軽という利点は引き継いでいる。


ピクチャ 17.png

メイン画面

 

そんなBonjourがLAN内にどのように存在するのか、チェックできるのがこのソフトウェアだ。

今回紹介するフリーウェアはBonjour Browser、Bonjourサービスブラウザだ。

Bonjour Browserを立ち上げるとローカルコンピュータ内のサービス、LAN内で利用されているBonjourサービスを一覧できる。個人的に便利なのは、AppleTVのIPアドレスが見られる点だ。


ピクチャ 16.png

設定画面

 

認識はやはり早く、Bonjourに対応したサービス、例えばiTunesのライブラリを共有にすると数秒後にBonjour Browserで立ち上がったのを確認できる。SSHやSFTP、Samba等の設定でも同様だ。

どのようなサービスが立ち上がっているか知るのはもちろん、不要なサービスが立ち上がっていないかをチェックするのにも向いている。デフォルトでは立ち上がっているサービスだけ項目名が出るが、登録されているサービスを一覧で見ることもできる。これでみると様々なサービスが存在することが分かる。サービスのチェックが容易にできるBonjourならではのソフトウェアだ。

 

Software

 http://www.tildesoft.com/Programs.html

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2