ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Windowsで一時的に管理者権限が必要な場合に利用する「別なユーザとして実行」がある。だが、いちいちコンテクストメニュー(右クリックメニュー)から呼び出すのが面倒に感じていた。さらにこれは実行ファイルのみにしか使えないという欠点がある。


entrance01.png

起動した画面

 

個人的にWindowsで一番便利に感じている「ファイル名を指定して実行」並に使いやすくしてくれるのがこのユーティリティだ。

今回紹介するフリーウェアはAdvanced Run、ユーザ名を指定してファイルやフォルダを開けるソフトウェアだ。

Advanced Runを起動すると、開く対象とそれを実行するユーザを指定する。ローカルのユーザであれば名前がリストアップされるが、入力することもできるのでドメインのユーザ名を指定することも可能だろう。


entrance02.png

パスワードが設定されていないユーザでは実行できない

 

そしてこの場合は実行ファイルに限らず、フォルダやURL、ファイル等が指定できる。例えばあるユーザの時にログインしているIEのクッキーを利用したいと言ったマニアックな要望にも応えられる。

難点はファイル名の補完機能がないので、パスを指定するのが面倒という点くらいだろう。それさえ補えれば、使ってみると便利なツールだと気付くはずだ。

 

via Advanced Run: Run programs as another user without logging off [ Download Squad ]

ILYNS : Downloads

 http://www.ilyns.com/

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2