ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Youtubeから爆発的に広がった動画共有の流れは、次第に画質を求める時代になりつつある。既にH.264に対応しているFlashプレーヤに合わせて、各種動画サイトでは高画質な動画を提供し始めている。


ピクチャ 5.png

H.264の動画はかなり美しく、拡大しても十分みられるものだ。そんな高画質配信サービスを自分でも構築してみたいならこれを試してみよう。

今回紹介するオープンソース・ソフトウェアはRubyIZUMI、Rubyで開発されたRTMPサーバだ。

RTMPは旧マクロメディアが開発したストリーム用プロトコルだ(rtmp://〜で指定する)。ストリーミング配信なので、キャッシュに蓄積されることなく動画をながせるというメリットがある。そして、RubyIZUMIではH.264+ AACに対応しているのが特徴だ。


ピクチャ 4.png

MP4ファイルが入っているフォルダを指定してサーバを立ち上げ、後は付属しているASファイルをコンパイルしてブラウザで表示すれば良い。高画質な動画が再生されるようになるはずだ。

動画の注目は配信のみならず、高画質へと移りつつある。今から何らかの動画に関わっていくなら要注目のソフトウェアと言えそうだ。

 

※ 動画のサンプルは動画圧縮サンプルの提供より

Izumi H264 (Ruby ver) Demo: Powered by SGRA Corporation

 http://vixy.tv/izumi-h264/

rubyizumi - Google Code

 http://code.google.com/p/rubyizumi/

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2