ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

iTunesはLAN内で音楽データを共有して楽しむことができる。一台をメディアサーバにしておけば、他のマシンでは音楽を入れておかなくとも良い。まるで自分の手元にデータがあるかのように利用することができる。


ピクチャ 11.png

だがそれはLAN内に限った話だ。インターネット越しでiTunesを共有したければこれを使おう。

今回紹介するフリーウェアはMojo、遠隔地とiTunesを共有するソフトウェアだ。

Mojoを起動し、ユーザ登録を行うとiTunesが公開された状態になる(なのでパスワードを登録しておいた方が良い)。二つのコンピュータにMojoをインストールしたら、クライアント側がサーバ側のMojoを共有に入れれば完了だ。


ピクチャ 8.png

登録した名前を開くとコンパクトなiTunesのような画面が開く。後は自由に音楽が楽しむことができる。出先で音楽を楽しみたいときにはMojoを使えばごく簡単に聴けて便利だ。

ノートパソコンはHDDが小さく、音楽や動画などを入れるとすぐにいっぱいになってしまう。Mojoがあればネットワークさえあればどこでも音楽が楽しめるので、容量の節約にもなりそうだ。

 

Deusty, Home of Mojo

 http://deusty.com/

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2