ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

ファイルのリネーム処理は度々行うが、100以上のファイルを一気に変更したい場合はどうするだろうか。Mac OSXであれば、Shellで処理しても良いだろうし、プログラムを書いて処理しても良い。しかし様々な場所に存在するファイルを処理しようと思うと面倒だ。

Picture 3-7

もっと手軽に終わらせたいならこれを使ってみると良い。

今回紹介するフリーウェアはFile List、Mac OSX用の高機能リネームソフトウェアだ。

File Listはファイルやフォルダをドラッグアンドドロップで登録して処理できる。複数の場所にあっても一括して処理が可能だ。正規表現で処理ができるのは基本として、ナンバーを自動で割り当てたり、拡張子だけを変更すると言った操作も手軽にできる。ナンバーを割り当てる際に対応するため、ファイルの並び替えも指定できる。

Picture 4-5

さらに複雑な場合に対応するように、スクリプトが組めるのも特徴だ。ほぼ何でもありのリネーマとさえ言える。作成した変換条件はドロップレットとして保存でき、次回から同じ条件であればファイルをドロップレットにドロップすれば良いだけになる。

Picture 5-2

バッチでのファイル名の変換は、大抵決まった条件に基づいて行われる。一度作成してしまえば後は簡単に利用できるFile Listは便利なソフトウェアだ。

Many Tricks · File List

 http://www.manytricks.com/filelist/

Picture 6-2

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2