ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

先日、ずばり役立ったソフトウェア。オープンソースの紹介をする中で、iPod Touch向けのソフトウェアを紹介したいと思うことがある。プレゼンの中で紹介する際に、iPod Touchにはスピーカがないので音が伝わらないのが問題だった。

ピクチャ 2-81

そこでiPod Touchの音をMacBookの中に入れて、そのままスピーカへつないでしまえば良いと気づいた。その目的に使えるのがこれだ。

今回紹介するフリーウェアはLineIn、サウンドの入出力先を変更するソフトウェアだ。

LineInを起動し、入力デバイスと出力デバイスを指定してPass Thruを押せばすぐに利用できる。iPod Touchのサウンド出力から、MacBookのスピーカにつなぎ、それをスピーカから音を出すのは全く問題なくできた。

ピクチャ 1-74

これであれば、iPod TouchやiPod shuffleをはじめとしたMP3プレーヤの音楽を皆で楽しみたいと言った使い方にも向いている。他にもTVゲームの音楽をMac OSXに流したいといったニーズも対応できそうだ。他にもアプリケーションがサウンドを持っていってしまう場合に、それを強制的に変更するような使い方もできる。

ピクチャ 3-75

様々なガジェットが登場してきている現在、その音声を皆に聴かせたいということは多々あるだろう。音声だけに限られてしまうのは残念ではあるが、知っておくと便利なソフトウェアだ。

Rogue Amoeba - Freebies

 http://www.rogueamoeba.com/freebies/

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2