ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Shellというと、CUIで文字列だけでエンジニア向きという雰囲気がある。確かに間違っていないが、知っていると何かと便利なことが多い。

Entrance05 Thumbnail-2

エクスプローラのようなファイルマネージャとはまた違う、だがCUIでもない、そんな新しい形のShellがこれだ。

今回紹介するオープンソース・ソフトウェアはHotwire、Pythonベースの次世代Shellだ。

HotwireはGKTベースのShellで、その意味ではGUIアプリケーションになっている。が、操作は文字列ベースだ(マウスでも操作は可能)。

Entrance04 Thumbnail-5

現在、cd/rm/current/ls等の各種コマンドが利用できる。実行結果はオブジェクトして返却される。各種操作はPythonで拡張できるようになっている(その代わりShellスクリプトは使えない)。

各種プラットフォームに対応しており、Fedora/OpenSUSE/Debian/Ubuntu等で動作する。バージョンは若干古いが、Windows向けにインストーラーも用意されている。

Entrance06 Thumbnail-3

パイプラインを使って、通常コマンドの結果をフィルタリングして表示したり、プロセスモニタとして使ったりすることもできる。CUIとGUIをつないだ新しいShellの面白さを実感してみて欲しい。

hotwire-shell - Google Code

 http://code.google.com/p/hotwire-shell/

via Open Tech Press | コマンドラインとGUIを融合するHotwire

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2