ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

PrintKey サムネイル

キャプチャ&エディット

画面キャプチャーと簡易画像編集が可能なソフトウェアです。

キャプチャ&エディット

PrintKey スクリーンショット

パソコンを使っている上で、画面のキャプチャが必要になる事はよくある。例えばすぐにキャプチャを印刷しなければならない時、Windowsではどうも操作性が悪い。

キャプチャして、ペイント等で貼り付けて保存して、それを印刷…非常に手間だ。

今回紹介するフリーウェアはPrintKey、各種キャプチャと編集機能が付いたソフトウェアだ。

起動すると、タスクトレイに常駐する。そして、スクリーンショットキーを押すと、キャプチャした画像とともにウィンドウが表示される。

この手のソフトウェアは幾つかあるが、便利なのはキャプチャした画像を編集する機能がある点だ。明るさ、コントラスト、RGB、サイズなどをPrintKey上で編集可能だ。また、エンボス加工やグレースケール変換もできる。

キャプチャとしては、全体のスクリーンショット、アクティブなウィンドウのみ、範囲指定、オブジェクト指定してのキャプチャリングがある。更にタイマー式でキャプチャする事もできる。

プリンタとの連携もあり、キャプチャリングすると同時に印刷、さらにフッターテキストを挿入するといった機能もある。

JPEGやGIF、BMPなどの画像を開く機能もあるので、簡易画像編集ソフトウェアとしても利用できそうだ。

PrintKey レビューはこちら

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2