ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

PXDoc レビュー

PXDocのダウンロード

PXDocのサイトからPXDocをダウンロードします。

(クリックすると拡大します)

PXDocのインストール

PXDocを自分のPCにインストールしておきます。

(クリックすると拡大します)

SVGエディタでテンプレートファイルを作成

利用可能なSVGエディタでSVG形式の帳票テンプレートを作成します。

(クリックすると拡大します)

SVGファイルの前後にヘッダとフッタを付加します。

PXDocのサイトにある説明のとおり作成したSVG形式のテンプレートファイルの前後にヘッダとフッタを付加し、PXD形式のファイルを作成します。

(クリックすると拡大します)

作成したPXD形式のファイルに可変部分の変数を埋め込みます。

作成したPXD形式のファイルをヒアドキュメントとして流用し、可変情報を変数として後で埋め込めるようにPHPやPerlで処理スクリプトを書き、Webサーバにインストールします。

(クリックすると拡大します)

ユーザのPCからアクセスするためのフォームを作成します。

ユーザのPCからアクセスした際に出力するPXD形式の帳票を選択するためのフォームをHTML形式で書き、PHPやPerlで書いたスクリプトと同じWebサーバのディレクトリにインストールしておきます。

(クリックすると拡大します)

ユーザのPCから帳票を選択します。

ユーザのPCからWebサーバにアクセスし、出力する帳票を選択します。

(クリックすると拡大します)

PXDocで帳票を表示します。

Webサーバで可変情報が埋め込まれた帳票がユーザのPCにダウンロードされ、自動的にPXDocで表示されます。表示された帳票をPXDocで印刷します。

(クリックすると拡大します)

PXDoc 紹介はこちら

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2