ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Primate Plunge サムネイル

落ちる!いや落ちよう

猿を操って落ちていこう

落ちる!いや落ちよう

Primate Plunge スクリーンショット

お正月の思い出と言えば何だろう。両親の実家へ行き、親戚、従兄弟に会う。皆で遊んだ記憶もあろうが、その中でも気になるのはそう、お年玉だ。

そんな訳で今日は落ち物ゲームのご紹介だ。と言ってもテトリスやその他のものではない。もう少しリアルなものが落ちていく、そんなゲームだ。

本日紹介するフリーウェアはPrimate Plunge、猿が落ちるゲームのご紹介だ。Linux版であればソースも付属しているがライセンス上はオープンソースではないのでこちらでのご紹介となる。

ルールは至って単純だ。猿が枝に掴まっていて、上からとげが迫ってくる。下からは別な枝が上がってくるので、次々と降りていけばいい。とげの付いた枝はダメージを受けるので出来るだけ避けよう。ポイントが貯まると次のステージをプレーできる(全5ステージ)。

ルールが単純な分、直感的にプレーする必要がある。時には痛手を覚悟の上、飛ばなければならない時もある。通常の枝を駆け下りれば体力が回復するので、連続でダメージを負わない限りは何とかなるだろう。

同様のゲームをやった事があるが、こちらはステージが分かれて若干複雑になっている。とはいってもルールは単純、直ぐに誰でも遊べるようになるだろう。

Primate Plunge レビューはこちら

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2