ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

SKLaunch サムネイル

好かれたインタフェース

聖剣伝説風のランチャーです。

好かれたインタフェース

SKLaunch スクリーンショット

私自身はゲームをあまりやらないが(と毎度書いていると本当にやっていなかったのか自信がなくなってきたが)、聖剣伝説と言うゲームはハマった覚えがある。普通のRPGと違い、ターン毎の攻撃でない、モンスターがあらかじめ見えていると言った特徴を持ったアクションRPGとでも言うべきゲームだった。

聖剣伝説の中で面白かったのは、アイテムなどを選択する際の画面だ。アイテムが画面の隅から中央に円を描くように集まり、左右キーでくるくると回して選択する。聖剣伝説全体に通ずる操作性の良さを感じさせるツールだ。

本日紹介するフリーウェアはSK Launch、そんな聖剣伝説の画面を彷彿とさせるランチャーだ。

フォルダやアプリケーションを登録したら準備完了、Alt+Spaceキーでランチャーが起動する(変更可能)。画面の隅からアイテムが飛んできて、真ん中で円を描くそれは正に聖剣伝説ライクだ。左右キーでアイテムの入れ替え、上下でグループの切り替えだ。

動作が重たい気がするが、とにかく楽しい。Escキーを押すと円がばらけて画面外へ消えていく。ランチャーとしての実用性もさる事ながら、この動きにただただ見とれてしまう。

アプリケーションに過剰なアクションを持たせるのはあまりユーザに好かれる傾向にはない。だが、好かれたインタフェースを適用するのはありではなかろうか。

SKLaunch レビューはこちら

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2