ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

RapidSVN

  • 2006/01/04

RapidSVN サムネイル

専用の良さ

WinCVSライクなSubversionクライアントソフトウェアです。

専用の良さ

RapidSVN スクリーンショット

最近は自分の作業ファイルですらバージョン管理に入れ込むようになってきた。言わばバックアップ代わりだ。間違った修正も元に戻せるし、一日一回のコミットにしておけばその日の作業ファイルが一覧できる。

最近のバージョン管理システムの流行はSubversionだ。以前はCVSだったが、乗り換える企業も増えてきた。さて、そのクライアントソフトウェアは何だろう。有名なものはTortoiseSVNだが、Explorerとの融合を嫌う人はこちらもある。

本日紹介するオープンソース・ソフトウェアはRapidSVN、Subversionクライアントソフトウェアだ。

RapidSVNはどことなくWinCVSに似たインタフェースを持っている。なのであの感覚を持っている人には使い勝手が良いかも知れない。基本的な使い方はTortoiseSVNと相違ない。

専用クライアントソフトウェアとあって、メニューも豊富だ。フラットモードを選択すると、サブフォルダ以下も一覧してくれる。個人的に気に入ったのはインストールやアップデート後の再起動が不要と言う点でもある。

メニューは英語だが、日本語のディレクトリやログ、ファイル名も通るようだ(私の環境では特に問題は発生していない)。専用クライアントソフトウェアの良さを感じてみたくは無いだろうか。

RapidSVN レビューはこちら

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2