ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

SmartOCR Lite Edition レビュー

起動

起動直後の画面です。

(クリックすると拡大します)

スキャン開始

スキャン開始をすると、次のダイアログが出ます。スキャナーをセットして、スキャンボタンを押します。

(クリックすると拡大します)

ここではHPのものを利用しています。

(クリックすると拡大します)

スキャン完了画面です。

(クリックすると拡大します)

右下に拡大画像が表示されます。

(クリックすると拡大します)

OCR

レイアウトを認識させた画面です。

(クリックすると拡大します)

認識させた画面です。右側が文字情報です。

(クリックすると拡大します)

タブ(画面左)

画面入力タブです

(クリックすると拡大します)

レイアウトタブです。

(クリックすると拡大します)

表タブです。

(クリックすると拡大します)

認識タブです。

(クリックすると拡大します)

出力タブです。

(クリックすると拡大します)

プリセットタブです。

(クリックすると拡大します)

メニュー

ファイルメニューです。

(クリックすると拡大します)

編集メニューです。

(クリックすると拡大します)

画像編集メニューです。

(クリックすると拡大します)

表示メニューです。

(クリックすると拡大します)

認識メニューです。

(クリックすると拡大します)

ツールメニューです。

(クリックすると拡大します)

ウィンドウメニューです。

(クリックすると拡大します)

ヘルプメニューです。

(クリックすると拡大します)

認識作業

分割する事で認識精度を高める事もできます。

(クリックすると拡大します)

「を」が誤認識されています。

(クリックすると拡大します)

認識結果の保存

HTMLやPDF(透明テキスト)で認識結果を保存できます。

(クリックすると拡大します)

保存設定タブです。

(クリックすると拡大します)

画像読み込み

PNGファイルを読み込んだ所です。

(クリックすると拡大します)

スマート認識

選択すると即座に認識処理を実行します。

(クリックすると拡大します)

認識結果の表示

横書きモードです。

(クリックすると拡大します)

SmartOCR Lite Edition 紹介はこちら

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2