ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

SmartOCR Lite Edition サムネイル

スキャナがなくとも

画像からの利用もできる日本語OCRソフトウェアです。

スキャナがなくとも

SmartOCR Lite Edition スクリーンショット

最近話題の高速スキャナーが欲しい。大量の紙を持ち歩くのは勿論、うっかり忘れてしまう心配もなくなる。更に請求書や領収書を電子化できれば、日付も付与されて保存してくれるから整理も楽と言う訳だ。

スキャン後のOCR機能ももっと活用の道があるはずだ。精度が高まれば、スキャン画像と共に保存しておく事で、全文検索機能にもなりえる。一度スキャンしてしまえば原本不要な環境は、きっと素晴らしいものに違いない。

本日紹介するフリーウェアはSmartOCR Lite Edition、フリーの日本語OCRソフトウェアだ。

実際試してみた認識結果としては、文字が小さい所は誤認識しやすい傾向があった。だが、スキャンからのノイズ除去や位置補正、レイアウト認識と言った機能はとてもフリーとは思えない。日本語、英語が混ざった文章でも認識可能だ。

特に良いのが、OCR結果をPDFファイルに埋め込んだ透明テキスト保存ができる事。認識率が向上すれば、全文検索して容易にデータを探し出せる。また、画像ファイルからの読み込みもでき、特にスキャナーがなくとも利用可能だ。

コンピュータ上には文字が表示されているのに、画像のためにもどかしくも再入力する事もあるだろう。SmartOCR Lite Editionはそんな手間すら低減してくれる。

SmartOCR Lite Edition レビューはこちら

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2