ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

GNOME interface for YUM. レビュー

起動

公式サイトで各ディストリビューション向けのバイナリが公開されています。そちらからダウンロードします。これはGNOME interface for YUM.起動時のスプラッシュウィンドウです。

GNOME interface for YUM. スプラッシュウィンドウ

(クリックすると拡大します)

メインウィンドウ

メインウィンドウです。検索、Yumの更新、設定などができます。

メインウィンドウ

(クリックすると拡大します)

パッケージ検索

画面はpostgre*で検索した場合の結果画面です。パッケージを選択すると、説明文が表示されます。

パッケージ検索画面

(クリックすると拡大します)

パッケージ更新

Updatesボタンを押すと、パッケージの更新処理が行われます。Terminalタブでその途中経過を確認する事ができます。

パッケージ更新

(クリックすると拡大します)

キャッシュ確認

パッケージのキャッシュはCacheタブで確認できます。ここからRPMを実行、キャッシュの削除と言った処理が可能です。

キャッシュタブ

(クリックすると拡大します)

ログ確認

yum.logタブではyum.logの内容を確認できます。

ログ確認

(クリックすると拡大します)

設定(インタフェース)

ここからは設定画面です。色やフォントに関する設定を行う画面です。

インタフェース設定

(クリックすると拡大します)

設定(パス)

実行パス、ライブラリパスの設定を行う画面です。

パス設定

(クリックすると拡大します)

設定(yum.conf)

yum.confの設定を行う画面です。

yum.conf設定画面

(クリックすると拡大します)

設定(リポジトリ)

リポジトリ設定を行う画面です。

リポジトリ設定画面

(クリックすると拡大します)

設定(リポジトリパス)

リポジトリをクリックするとURLの変更などが出来ます。

リポジトリ設定画面2

(クリックすると拡大します)

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2