ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

GraphQLはREST APIを越えるかも知れない存在として注目を集めています。どういったデータが欲しいかをクライアント側で指定できるので、必要に応じてデータ構造を変えつつ最適な形で取り出せるのが魅力です。

そんなGraphQLを試せる環境としてGraphQL Playgroundがあります。開発のお供にあると便利そうです。

GraphQL Playgroundの使い方

メイン画面です。左側がエディタ、右側に実行結果が出ます。

実行するとJSONが表示されます。

指定したGraphQLを実行するためのコード生成機能があります。

JavaScriptならfetchを使った版も用意されています。

さらにcurlコマンドも。

クエリを使ってパラメータを送ることもできます。

カラーテーマを変更しました。

GraphQL Playgroundの内容をシェアすることもできるので、チーム内でGraphQLのTips的な使い方を共有するのに使えそうです。GraphQLはまだまだ新しい概念だけに、慣れるまでに多少なりとも時間がかかります。積極的に試せる環境があるのは便利でしょう。

GraphQL PlaygroundはTypeScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

Playground

graphcool/graphql-playground: ? GraphQL IDE for better development workflows (GraphQL Subscriptions, interactive docs & collaboration)

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2