ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

PDFは基本的に編集できないようになっているので、何か指摘したい時には注釈やコメントという手段になります。macOS標準のプレビューではPDFに注釈を付ける機能があったり、多くのソフトウェアにそういった機能があります。

今回紹介するオープンソース・ソフトウェアはPDFAnno、WebベースのPDF注釈ソフトウェアです。

PDFAnnoの使い方

メイン画面です。

文字を選択して注釈をつけます。

コメントした文字が赤く表示されています。

選択するとハイライトされます。

他にも線を引くこともできます。

注釈の一覧もとれます。

さらに注釈同士のリンクもできます。

参照やリンクなど注釈同士の説明が可能です。

PDFAnnoを使えば任意のPDFに対して注釈が入れられます。データをサーバサイドに保存しておけば、複数人でデータを共有することもできるでしょう。さらに注釈の関連づけもできるので、単なるコメント以外の利用にも使えそうです。

PDFAnnoはHTML5/JavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

PDFAnno

GitHub - paperai/pdfanno: Linguistic Annotation Tool for PDF Documents

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2