ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Amazon S3は静的なファイルのホスティングに最適ですが、一覧ページを作れません。静的なWebサイトとして使うのであればindex.htmlを置けば良いですが、単純にファイルを置いているのであれば一覧ページがある方が便利です。

あらかじめ生成しておくこともできますが、S3 Bucket Listingを使えばもっと簡単にインデックス化できます。

S3 Bucket Listingの使い方

利用例です。ファイルやフォルダの名前、サイズ、変更日時などが取得できます。

ディレクトリはクリックで辿れます。

ファイルをクリックすればその内容を確認できます。この時の飛び先はAmazon S3になっています。

S3 Bucket Listingは一時的なアクセス権限をCogniteを通じて取得してS3からデータの一覧を取得しています。S3上はもちろん、別ドメインでも使えるのが便利です。S3 Bucket Listingならばファイルを追加するだけでインデックスページは自動で更新されるようになります。

S3 Bucket ListingはJavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

rufuspollock/s3-bucket-listing: Create nice directory listings for s3 buckets with javascript and HTML.

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2