ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

P2Pには大きな可能性が秘められています。通常のWebサイトのようにサーバに対して多数のクライアントが紐付く形では、常にサーバの性能がボトルネックになることでしょう。今はそういった形式よりも分散型のが主流です。

そんな実験的な分散型システムをWikipediaに取り入れたのがWikipediaP2Pです。

WikipediaP2Pの使い方

インストールした状態でWikipediaを閲覧します。リンクがオレンジになっているところは別なペアから検索中という意味です。

見つかると緑のリンクになります。

通常の青いリンクはそのままリンクとして動作します。つまり使っている限りは特にP2Pを意識することはありません。しかし、多数の人たちがインストールすることができれば、P2Pでデータが送受信されるようになり、Wikipediaのサーバ負荷は減っていくことでしょう。

WikipediaP2PはGoogle Chrome用のオープンソース・ソフトウェア(ISC License)です。

WikipediaP2P

guerrerocarlos/WikipediaP2P: WikipediaP2P.org Chrome Extension http://www.wikipediap2p.org/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • MOONGIFTプレミアム
  • Mobile Touch