ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Markdownは多くの使い道があります。メモとして使っている人は多いですし、Webサービスの中でテキストコンテンツを書く際のフォーマットで使われることも増えてきました。使われることが増えるとそれだけ慣れた人が多くなるので安心して使えるようになります。

今回はそんなMarkdownを使ったWikiエンジン、SyaroNoteを紹介します。個人、または小さなグループでの利用を想定します。

SyaroNoteの使い方

SyaroNoteはGoで作られているので各プラットフォームで利用ができます。起動時にはまだページがありません。

編集画面です。白または黒い背景が指定できます。

数式エディタがあります。

絵文字の補完入力機能もあります。

コンテンツビュー画面です。リンクは.mdを最後に追加します。ページがなければ新規に作ることができます。

SyaroNoteはとてもシンプルで、Markdownを便利に拡張したツールとなっています。ページはどんどん作っていけますし、検索機能で調べることもできます。データの蓄積にぴったりではないでしょうか。

SyaroNoteはGo/node製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

OUCC/SyaroNote: Markdown wiki for personal and small group

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2