ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

スマートフォンの世界ではとにかく表示の高速さが問われています。少し詰まっただけでもユーザは嫌がってしまうでしょう。そのためにはレスポンスを高速に返すのは基本として、他にもできることが幾つかあります。

GoogleやTwitterが考え出したのがAccelerated Mobile Pages(AMP)です。外部サイトのコンテンツをキャッシュして表示する技術で、これによって高速表示を可能にしようというのです。

Accelerated Mobile Pagesの使い方

Accelerated Mobile PagesではAdSenseやGoogle Analyticsのような仕組みはそのまま使えるようです。他にもYouTubeやPinterestのようなところも提供しています。

例えばこんな感じのテンプレートがあります。レスポンシブも考慮されています。

コンポーネントも用意されており、それらを使って元サイトと同じように表示を行います。

オーディオ、ビデオ、YouTubeなどのコンポーネントもあります。

iframe、Instagram。

Twitterの埋め込みももちろん対応しています。

埋め込みも複数パターンに対応。

Instagram。

Accelerated Mobile Pagesに対応しているとGoogleの検索結果でTop storiesとしてページ上部に並ぶようになります。それをクリックするとGoogleのサイト上でコンテンツが見られます。サイトデザインはそのままという訳にはいかないようですが、よりスピーディーにコンテンツを読める面白い技術と言えそうです。

Accelerated Mobile PagesはApache License 2.0のオープンソース・ソフトウェアです。

Accelerated Mobile Pages Project

ampproject/amphtml

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2