ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

意外と危険なiPhoneの写真共有について理解できますよ。

iPhoneの登場によってオンライン上に写真が数多く溢れるようになりました。Flickrにアップロードされている写真が最も多いデバイスはiPhoneだと言われています。そんなiPhoneはスマートフォンなのでGPSをはじめ写真に多くのメタデータが付与できます。

一見すると便利そうなデータなのですが、それがそのまま相手に見られる可能性がある訳で、悪用される可能性がないとは言い切れません。そこでExifSafeを使うと安全に必要なExifだけに絞り込む処理ができます。

起動しました。まずは写真へのアクセスを許可します。
起動しました。まずは写真へのアクセスを許可します。

写真を選択しました。
写真を選択しました。

ここでExif、マップ、処理というボタンがあります。まずはExifボタンを押してみます。

ぬお。ここまで多くのメタデータがある訳ですね。
ぬお。ここまで多くのメタデータがある訳ですね。

もちろんGPS情報もあります。
もちろんGPS情報もあります。

次にマップボタンを押してみます。iOSの地図が表示されます。GPSに基づいてピンが立ちます。

地図表示
地図表示

最後に処理を押します。

メール送信、コピー作成があります。まずはメール送信を選択します。
メール送信、コピー作成があります。まずはメール送信を選択します。

送信前の確認が出ます。Exifデータの取り扱いについて、全て消すか一部だけ消すかといった確認になります。
送信前の確認が出ます。Exifデータの取り扱いについて、全て消すか一部だけ消すかといった確認になります。

すべて除去して送信を選択すると、メール作成画面が開きます。

縦横情報以外は全て削除されているそうです。これで安心ですね。
縦横情報以外は全て削除されているそうです。これで安心ですね。

微妙な情報だけを削除した場合は次のように表示されます。

撮影日時、場所、使用機器に関する情報がなくなっているそうです。
撮影日時、場所、使用機器に関する情報がなくなっているそうです。

自分だけで使う場合はともかく、人に見せる場合に不必要な情報をあえて渡す必要はないでしょう。それが思わぬ利用をされて、被害を受ける可能性だってある訳です。

例えばチェックイン系サービスが流行っていた当時、チェックインしている人は自宅にはいないだろうと泥棒さんいらっしゃいといったサービスが作られたこともあります。日本でもTwitterに投稿した写真から学校やバイト先が判明して謝罪、退学に追いつめられた人も数多くいます(その原因を作ったのは本人だったりしますが)。

いずれにせよサービスを楽しむ以上の情報の公開は漏洩でしかないのかも知れません。オンライン生活をより安全に楽しむためにもこういった点に注意すると良いでしょう。もちろん開発者としては逆に自分のアプリが原因でユーザに不利益が被らないようにするといった注意が必要ですよ!

ExifSafeはObjective-C製、iPhone用のオープンソース・ソフトウェア(Apache Licnese 2.0)です。

mkttanabe/ExifSafe

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2