ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

プレミアムユーザー限定記事

MOONGIFTプレミアムは、月額500円の有料サービスです。詳細はこちらから

2017/11/25
恥ずかしさを感じないためにできること
2017/11/11
プロジェクトを遅延させないコミュニケーションパス管理
2017/10/28
2017年09月の人気ソフトウェアまとめ

もっと見る

List

  • 2004/11/17

セルベッサ

セルベッサオープンソースが生み出す競争力オープンソース・ソフトウェアとは今でこそ認知度が高く、社会的地位を築いているが、元々好きで始めたソフトウェアが多い。ビジネスとして捉えられない存在なのだ。それ故にオープンソース・ソフトウェアはビジネス分野では弱い。データベース、Firewall等、根底を支える箇所での活躍もあるが...

None

  • 2004/11/16

BeatWord

BeatWordシンプル&ゴージャス私自身が愛用しているテキストエディタはxyzzyだ。拡張機能も十分だし、Emacsライクなキーバインドも気に入っている。普段PCを利用する上では十分なエディタだ。しかし、ちょっと凝った文章を書こうと思うと、これが難しい。枠線があるような文章や、図を埋め込むようなレポート形式の文章とな...

None

  • 2004/11/15

ももんが家計簿

ももんが家計簿付けよう…失敗しても何度でも正直に私自身は家計簿をつける習慣はない。いや、一時は付けていたが結局挫折してしまった。単純に貯金を適切に行うための調査目的だったと言う事もあるが、あまりそういった事に向いていないと言うのが実際の所だろう。しかし家計簿を付ける目的は他にもある。自分自身(または家の)行動を見直し、...

List

  • 2004/11/15

TortoiseSVN

TortoiseSVN使うなら楽をしようさて、昨日は次世代のCVSとも言えるSubversionを紹介したが、本日はそれの関連ソフトウェアの紹介になる。CVSでも同様の仕組みが存在するので、Subversionでもあるかと思っていたら…あった。本日紹介するオープンソース・ソフトウェアはTortoiseSVN、Subve...

List

  • 2004/11/14

Subversion

Subversion時流に乗ったCVSこの1年、数件の開発案件に携わってきた。その中で思ったのが意外な程バージョン管理の仕組みが導入されていないと言う事実だ。大抵何か起こってから重要性が分かるため、逆に言えばまだ何も起きていなければ分からないのだろう。後感じられたのはシステム開発の位置づけがサイト開発の中の一部分となり...

List

  • 2004/11/12

RODIN

RODINユーザのニーズの源泉システム開発における一つの鉄則。余計な機能は付けない。行う機能のみ実装、または見えるようにし、使わせたくない機能は元々実装しない、または見せない。ユーザとはとかく何かをしたがる。そう言うものだ。だから余計な機能を付けない。ユーザサポートを増やす事になるし、余計なバグを仕込む可能性に繋がる。...

List

  • 2004/11/11

Simutrans

Simutrans秋の夜長最近はやらないが、ゲームは人を(特に男性)を惹きつけて止まない。気がつくと朝になるまでやっていた、なんて経験がある人も多いのではなかろうか。ゲームの魅力は何と言っても非日常を容易に体験できる事だ。レーシングゲーム然り、アクションゲームも然り。町、店、ビル、文明、コンビニ、はたまた蟻の巣(!)ま...

None

  • 2004/11/10

Web Developer

Web Developer裾野は広がっているブラウザ業界におけるMozilla、Firefoxのシェアが上がってきている、なんて噂を耳にする。逆にIEしか知らないWeb技術者の存在も耳にする。どちらも真実なのだろうが、日本国内で見ればブラウザシェアはやはりIEが殆どではなかろうか。それ位日本の情報リテラシーは低いと思わ...

List

  • 2004/11/09

Owl Intranet

Owl Intranet知識の体系化コンピュータが複数台集まると、ファイル共有が生まれる。サーバを立てる方式か、各人が共有フォルダを用意する。必要な時に見、必要なファイルを得る事が出来る。人数が増えると大抵サーバを立てる方式へと移行するが、基本は変わらない。そして数年が経過すると、誰かが言い始める。「現状は破綻した。改...

List

  • 2004/11/08

SugarCRM

SugarCRM顧客中心のためにビジネスがメーカ主導から顧客中心へと移り変わって久しいが、最近更にその傾向が強まってきたような気がする。原因は分かっている、情報源が雑多に増えてきたのだ。ビジネスとは情報量によって優位性が変わってくる。顧客のニーズに対してどれだけ多くの引き出しを持ち合わせているかにより、信頼の度合いが変...

List

  • 2004/11/08

Sledge

Sledgeオープンソース公開のメリット企業における自社ソフトウェアのオープンソースによる公開は何のメリットを生み出すだろうか。企業の知名度を上げてくれるだろうか、つまり広告として捉えるのだ。実際の所、あまり効果は望めないだろう。オープンソースというものに市場の大きさや影響度が限られているし、その中で尚、強い反響を得る...

None

  • 2004/11/07

IP Messenger

IP Messenger古参メッセージング小学生、または中学生の時に覚えがあるだろう。少し離れた席同士で紙に書いた小さなメモを飛ばしあう。時には人づてに頼んだりしながらくだらない(といったら当時の自分たちに失礼だが)内容を書きあっている。簡単に言えば、そういう感覚に近いのかも知れない。メールという程仰々しくもなく、イン...

List

  • 2004/11/05

小夏

小夏こだわりを持ち、自分流普段自分が使っているフォントを知っている人がどれ位いるだろうか。私自身は設定できるものについては殆どTerminalのサイズ10にしている(はず)。大きさが丁度合っているのを、線の太さも好みだ。特にコンピュータと一日中面向かっているような仕事であれば、表示フォントにはこだわりたい。装飾の話では...

List

  • 2004/11/04

JXTA

JXTAP2Pから始まる新世代ここ数年間のP2Pの技術革新は目覚しいものがあった。不正なファイル交換など、悪しき面ばかり指摘されているが便利な技術と言うのは大抵犯罪にとっても便利だと言うだけに過ぎない。携帯電話(特にプリペイド)、インターネット、遺伝子組み換え、核開発…言い出せばきりが無い。現在主流となっているサーバ・...

None

  • 2004/11/04

GNU Free Documentation License

GNU Free Documentation License知識のオープン化オープンソース・ソフトウェアの拡大によって、何か新しい事を始めようと思った時の技術的リスク・コストが非常に低くなったと感じている。デスクトップ環境ですら、非常に安上がりに構築可能だ。私の考える時代の流れでは、今の技術のオープン化の次に来るのが知...

List

  • 2004/11/02

MinGW Developer Studio

MinGW Developer Studio楽しもう!オープンソース系のシステム開発シェアがどんどん伸びてきている。これまでプログラムを作ろうと思ったら開発環境を購入していた状況に比べると随分様変わりした感がある。開発環境が無料になる事で、プログラマ人口も増加傾向にあると推測される。年齢層が低い内からプログラムに触れる...

List

  • 2004/11/01

COREBLOG

COREBLOGZOPE用ブログ前々から言っている通り、他の言語で動作を再現されるシステムと言うのが良いシステムの証明と言える。プログラマ達は自分の得意とする言語で同じシステムを構築したがる。同じシステムが構築された後は、既存のシステムの中にライブラリまたはプラグインのような形で再現されるようになる。CMSの中に取り込...

List

  • 2004/11/01

Object REXX

Object REXXオープンソースによる進化正直に言えば、ニュースを知るまではこの言語の存在自体知らなかった。調べてみると、結構昔から存在している。それこそ、Windowsとの戦いに敗れたOS/2時代よりも前からだ。現状としてはDB2 for Linuxの開発言語として利用できるようだが、それでも利用人口はそれ程多く...

List

  • 2004/10/30

Momonga Linux

Momonga Linux思想を知りOSを知るLinuxは知っての通り、様々なディストリビューションが存在する。Redhat、Fedora Code、Turbo、Miracle、LASER5、Mandrake、SuSE、Vine、Debian、Gentoo…等など。それぞれ異なるコンセプトの元、同じベースの上で作られて...

List

  • 2004/10/29

Open-Xchange

Open-Xchange求む、ローカライズ全体最適化、なんて言われると思い当たるのが統合環境だ。ERP、PCブランドの統一、部門の再構築…いずれにせよ部門単位の視点ではなく全体を眺めた上でコンセプトを設定し、それを各業務単位まで落とし込む行為の事だ。統合環境の良さは様々にあると思うが、リスクは一部の不具合が全体に影響を...