ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

プレミアムユーザー限定記事

MOONGIFTプレミアムは、月額500円の有料サービスです。詳細はこちらから

2017/10/03
面倒な仕事は分解しよう
2017/09/26
人と違うことをしよう
2017/09/20
アウトプット重視の働き方

もっと見る

List

  • 2004/10/25

TestCaseTool

TestCaseTool入り口の一本化最近、やっとドラッカーの本を読むに至っている。彼がその中で何度も繰り返し取り上げているのが、知識労働者の能率化だ。工場化、マニュアル化によって肉体労働の能率化は進んでいる。これに対して知識労働者はまだまだ改善出来得るという事である。知識労働者の能率化は二つの面で可能だと思う。一つは...

None

  • 2004/10/25

WebStoryUnit

WebStoryUnitテストの能率化システム開発におけるテストの重要性は以前までに書いた通りだが、何故実際の開発現場で適用されないのか。最大の理由は納期の短縮化、予定外作業に対するコスト見積が甘い事による工数削減だろう。そのため、本来行うべきテストにかける工数が削減されてしまう。テストは十分に行うべきだが工数は削減す...

List

  • 2004/10/24

HttpUnit

HttpUnitテスト・テスト・テストシステム開発工程における、テストは最重要課題にも関わらず見過ごされる場合や、時間を削る際の筆頭に挙げられる場合が多い。時には動作すれば、またはコンパイルが通れば良いなんてケースもある。テストを自動化できる仕組みは必要だ。特に時間が無い場合、それらのツールがどれだけ役に立つか計り知れ...

List

  • 2004/10/22

BrickOS

BrickOS動け、LEGO-ROBOLEGO…誰もがその名のおもちゃを一度は手にした事があるだろう。小さいブロッグを無数に組み合わせて家、車、飛行機、ガソリンスタンド…等様々な物体を組み上げる事が出来る。私が遊んでいたのは恐らく小学校に入ったか入らないか位だったと思うのだが、最近は更に小さい子供用のブロックも用意され...

List

  • 2004/10/21

GMail Drive

GMail Driveメール+外部ストレージGoogleと言う企業(サービス)は20世紀末に突如現れ、一気に検索市場のシェアを拡大していった。それまで考えられていた手法とは全く違う、ページランクと言う概念の導入、圧倒的なインデックススピードと検索結果の信頼性は利用者の心を掴んで離さない。GMailはそんなGoogleブ...

List

  • 2004/10/20

Shared Questionnaire System

Shared Questionnaire Systemマーケティング承りますつい先日、東京電力のアンケートを受けた。更に少し前にはAdobe Acrobatに関するアンケートを受けた。どちらも同じマーケティングであるが、決定的に違う点が存在する。AdobeのアンケートがWeb上で行われたのに対し、東京電力のアンケートは...

List

  • 2004/10/19

The SWORD Project

The SWORD Projectインターネットと聖書世界で最も読まれている書物といえば聖書。私自身はクリスチャンではないが、そんな私でさえ研究のため一冊持っている。海外のホテルに行けば、大抵枕元に置いてあるだろう。そんな聖書に対する研究はずっと昔から脈々と行われてきた。分厚い文書を何冊も広げ、一語一語の意味を解釈して...

List

  • 2004/10/18

Paint.NET

Paint.NET大学生まれの画像編集ソフトウェアまただ、そう思わざるを得なかった。皆、直ぐにPhotoshopを使いたがる。それも大した作業ではない。画像を回転させたり、多少修正したり、大きさを変えたり…それだけの目的であの高価なソフトウェアを求めるのは如何なものか。ただ、それらが簡単に行えるソフトウェアが無いのも事...

None

  • 2004/10/18

Helix Player

Helix Playerデスクトップに必要な要素Linuxのデスクトップ化が進められているが、個人的には本当に出来るのか疑問視している。用途が限定的な場合や、初めて導入される場所、相互のデータのやり取りが発生しない場所であれば良いだろうが、この全ての条件が揃うのはそうそうない。スイッチングコストが余りに高くつき過ぎるの...

List

  • 2004/10/16

Vizant

Vizant全体像の把握IT技術者であれば誰もが耳にし、実践している人も多いであろうUML。あれが必要とされた背景はやはりシステム開発がアウトソーシングされる流れ、そしてユーザ部門との行き違いがあったからだろう。UMLの優れている点はシステムの概要を可視化している点だ。確かに確実な仕様は文言によって定義する必要があるが...

List

  • 2004/10/15

Thingamablog

ThingamablogFTPが使えれば始められます未だ衰えることのないブログ人気。興味がありつつもまだ始めていない方も多いとは思う。まず始めようと思った場合、二つの方法がある。企業の提供しているサービスを利用する、または独自に構築すると言う方法だ。企業のサービスは手軽に始められる所に利点はあるが、最大公約数的なサービ...

Missing

  • 2004/10/14

Ninja-VA

Ninja-VAオープンソース戦略の新参企業によるオープンソース・ソフトウェアの開発、公開が相次いでいる。オープンソース戦略とでも言うべきこれらの行動は、既存資産の破壊的創造を可能にするだろう。Microsoft、Sun Microsystems、CA、Macromedia、Just System、Borland、ペン...

List

  • 2004/10/13

Open Laszlo

Open Laszlo次世代インタフェースの戦いVB・VCの時に痛烈に感じたのは、インタフェースの良し悪しでユーザの受ける心象が随分変わる事だった。細かく言えばTabキーを押した順番や、フォームの色も含まれる。サーバサイドのアプリケーションが流行るに連れ、ユーザインタフェースをデザイナの人達に任せられるようになった。更...

List

  • 2004/10/12

PAR

PAR垣根を越えるスクリプト言語はサーバサイドの言語である事が多い。Perl、Python、PHP、ruby…デバッグ環境でインストールする事はあってもそれがそのまま利用される事はない。そういう物だから、と言えばそれまでだが、時々PCサイドで動かしたくなる場合もあるだろう。簡単なファイル操作などは、バッチファイルよりも...

List

  • 2004/10/11

Audioscrobbler

Audioscrobblerリスニングからコミュニティーへ音楽は万国共通の言語だ、なんて良く言われる言葉だ。真偽はともかく、音楽がコミュニケーションの架け橋になっている事は間違いない。音楽のセンスが似ていると親しみが沸いたりする。元祖ともいえるコミュニケーション性、そう考えると音楽自体が持っているビジネスチャンスはまだ...

None

  • 2004/10/10

Another HTML-lint

Another HTML-lintSEOへの第一歩去年頭くらいから徐々に取り上げられるようになったSEO(検索エンジン最適化)。その手法の本来目指すべき所は、人と検索エンジン双方にとって良いウェブサイトを目指す所にある。だが、双方にとって良いとは具体的にどういう事だろう。人にとって良いとは分かりやすい。ユーザビリティに...

None

  • 2004/10/09

rAntenna

rAntennaアンテナからRSSへRSSを利用している人はどれ位いるだろうか。慣れると非常に便利だと思うので、是非活用して欲しい仕組みだ。私自身、各ニュースサイトやブログサイトのチェックに使っていて、既に手放せない状態になっている。ブログ系や最近のCMSサイト、それに技術系に強いサイトでは配信しているRSSではあるが...

List

  • 2004/10/08

Wink

WinkFlashで作るヘルプファイルこの間、新しいシステムを一つ開発した。また、それに合わせてヘルプも作成した。良くある画面のキャプチャー画像と、それぞれの説明文が組み合わさったようなものだ。ちょっと急ぎで作ってしまったのもあるが、ヘルプを見てもらいつつも質問が挙がってきてしまう。一つ一つ手順を踏みつつやれば問題ない...

List

  • 2004/10/07

Heart

Heartコンピュータと会話する日ロボット関連技術の発展は目覚しい。人型であろうと無かろうと、既に様々な形でロボットが生活の中に入り込み始めている。いつぞや思い描いていた時代が現実になろうとしている。ハードウェアの情報は入ってくるが、ソフトウェアは如何だろうか。つまり人工知能だ。ロボットが自立した考えの下で判断、動作し...

List

  • 2004/10/06

DansGuardian

DansGuardian情報の洪水から皆を守る便利なものほど悪用される、これは世の常だ。世の中が便利になるだろうと作られたものが、却って悪い方向に利用されてしまうのは残念でならない。インターネットと言う技術は革新的に生活・ビジネスの利便性を促進させた。だが、同時に情報の氾濫と言う良くない一面も表面化しているのは事実だ。...